トップ > 骨格標本 > ハシボソミズナギドリ

ハシボソミズナギドリ


ハシボソミズナギドリの骨格標本です。
中田島砂丘に漂着した死骸から作製しました。

ハシボソミズナギドリ骨格標本1
ハシボソミズナギドリ骨格標本2
ハシボソミズナギドリ骨格標本3

ダンボールの記載通り、中田島砂丘で落鳥していたものを利用しました。
カラスに頭蓋骨を食い破られています。
また、上腕骨の取り付けが間違っていますね・・・。


5〜6月にかけて太平洋側ではよく落鳥が見られ、ニュースになることもあります。
調査によれば、落鳥するのは若鳥で、死因は餓死だそうです。
とても長い渡りをすることで有名です。

↑ページ先頭へ
←トップへ戻る

inserted by FC2 system