トップ > メンデルの法則 > 独立の法則と不完全優性

独立の法則と不完全優性


1.メンデルの法則もいろいろありまして

メンデルの法則は、でも紹介したように、3つの法則に分かれています。
優性の法則分離の法則、そしてこのページで紹介する独立の法則です。
また、優性の法則には例外があり、これは不完全優性と呼ばれています。これも後ほど説明します。


2.独立の法則

エンドウマメ、ご存知ですよね?(個人的にはマヨネーズをかけて食べるのが好きです。)
エンドウマメにメンデルの法則を当てはめてみます。


優性 黄色の子葉  ⇔ 劣性 緑色の子葉
   丸い豆    ⇔    しわのある豆


ちなみに、このように対となる形質を対立形質といいます。
これらを組み合わせるとこういうことになります。
エンドウマメの分類


イラストの汚さは気にしないでください。しわなんて、表現できませんよ・・・。
丸い豆の遺伝子を「A」、しわの豆の遺伝子を「a」とします。
また、黄色の遺伝子を「B」、緑の遺伝子を「b」とします。
すると下のようにになります。
エンドウマメの遺伝子
これを組み合わせるとこうなります。
独立の法則
つまりどういうことか?
今回は「種のかたち」と「子葉の色」という2つの形質が関わっています。
それぞれの形質を考えると、しわのある種と丸い種は割合は3:1
黄色の子葉と緑色の子葉の割合も3:1です。
両方に対してちゃんと優性の法則と分離の法則が成り立っています。
つまり、異なった形質の遺伝子はお互いに影響し合っていないんです。
(Aやaの遺伝子はBやbの遺伝子には全く影響しないということなんです。)


もちろん、その逆も同じです。
これを独立の法則といいます。
この法則は成り立つ場合と成り立たない場合があるので注意が必要です。
(これがまたややこしいんですよね・・・。)
ちなみに成り立つ例としてはウサギ(体毛の色と長さ)などが挙げられます。


3.不完全優性

その他にも、不完全優性というものがあります。
これはとても不思議な法則なんです。(個人の感想です。)
オシロイバナを使って解説します。下の図を見てください。
「Y」が赤い花のオシロイバナの遺伝子で、「P」が白い花のオオシロイバナの遺伝子です。
不完全優性
白色の花と赤色の花をかけあわせると、ピンク色の花が咲くんです。
そして、そのピンク色同士をかけあわせると、赤とピンクと白が1:2:1の割合で咲くのです。


つまり「YY」=赤 「PP」=白 「PY(YP)」=ピンクとなるのです。
絵の具みたいで面白いですね。


これを不完全優性といいます。ここには、劣性も優性も存在しません。
他にも、マルバアサガオや人間にも不完全優性が当てはまる場合があります。
人間では、血液型で不完全優性が当てはまります。
純粋なA型とB型の人の子供はAB型ですしね。


メンデルの法則のこと、分かっていただけたでしょうか?


次のページへ


↑ページ先頭へ
←トップへ戻る

inserted by FC2 system